No.6 ナンバーシックス

新政の唯一の定番生酒。6号酵母の魅力をダイレクトに表現することを目的に醸造されるラインが「NO.6(ナンバーシックス)」である。本来、日本酒の生酒は冬の新酒から翌年の春先まで、つまり気温が低い時期のみ出荷するのが妥当といえる。無殺菌で酵素も失活されていない日本酒の生酒は、6度以下、つまり冷蔵庫の中でしか品質を維持できない。このため温暖期における出荷は、変敗リスクが高いため、避けられてきたのである。しかし「NO.6」は、蔵内でのマイナス5度以下の貯蔵管理体制、そして厳選された銘酒専門店のみで販売することで、鮮度の高い生酒、それも市場においてもたいへん珍しい生酛純米の生酒を、通年でお届けすることを可能にしている。

*「NO.6」の原料米について
麹米には主に「吟の精」、掛米に「酒こまち」を配しますが、農家毎による米そのものの出来を重視するため、原料米の品種は必ずしも一定していません。このため、かならず酒造好適米を用いておりますが、特定の原料米名の表記は行っておりません。

*「NO.6」の取り扱いについて
日本酒の生酒は、生鮮食品と同等の代物です。開封前後に関らず必ず常時冷蔵保管してください。一般的性質として長期保管には向いておりません。

*「NO.6」シリーズは空寸の気体容量を減らすため740㎖入りとなっております。

  • 28 BY July.01.2016 - June.31.2017
    X-type
    • 通常価格:¥3,000-/740mℓ
    • なかどり価格:¥4,000-/740mℓ
    • アルコール分:15度(原酒)
    • 精米歩合:30%(麹米、掛米ともに30%)
    • 原料米:秋田県産酒造好適米 100%使用

    「NO.6」最上級モデルのX-Type(エックスタイプ)は、「eXcellent」(豪華版)を意味するフラッグシップモデルである。磨きこまれた米を用いるため、より格調高い仕上がりであり、6号酵母の清楚にして力強い存在感をもっとも鮮やかに感じ取れるのがこのX-Typeであると蔵元は考えている。なお6号酵母が発見された昭和5年、すでに精米歩合40%の酒が登場しており、6号酵母はこうした吟醸もろみから採取された。6号酵母誕生当時の槽口の味わいを、85年の時を超えて想起させる作品であるように願いつつ醸される作品である。

    X-type
  • 28 BY July.01.2016 - June.31.2017
    S-type
    • 通常価格:¥2,000-/740mℓ
    • なかどり価格:¥2,500-/740mℓ
    • アルコール分:15度(原酒)
    • 精米歩合:麹米40%、掛米50%
    • 原料米:秋田県産酒造好適米 100%使用

    「NO.6」の代表作であるS-Type(エスタイプ)。ふくよかさとキレを兼ね備えた、ミッドモデル。「Superior」(上級版)として、個性と完成度の両立を思い求めた造りになっている。口当たり前半の濃縮感と、後半のキレあがりかたの好対照が魅力。酒単体でも飲み飽きしない表現力豊かな作品となることを願い醸造している。

    S-type
  • 28 BY July.01.2016 - June.31.2017
    R-type
    • 通常価格:¥1,500-/740mℓ
    • なかどり価格:¥2,000-/740mℓ
    • アルコール分:15度(原酒)
    • 精米歩合:麹米40%、掛米60%
    • 原料米:秋田県産酒造好適米 100%使用

    新政唯一の定番生酒「NO.6」シリーズ。そのボトムを支えるR-Type(アールタイプ)は、まさしく「Regular」(通常版)として、気軽にお楽しみいただけるエントリーモデル。生酛造りによって強調された生酒らしい旨みを、余すところなく楽しんでいただきたいと願っている。

    R-type